本文へ移動

双葉ブログ

こちらでは、日々の出来事やイベントを当園の職員がブログで紹介しております。

双葉ブログ

体育教室ありました!

2022-06-03
 今日は暑すぎず過ごしやすい一日でしたね。子どもたちは登園するとサッ!と朝の準備を済ませ園庭へまっしぐら!「昨日の続きやろうよ!」「今日はダンゴムシいるかな~?」と子どもたちの中でも自然と遊びの継続性が少しずつ出てきているように感じます。これから季節が変わっていくにつれ、遊びも変わっていくと思いますがその中でも『遊びの継続性』を大切に子どもたちと遊びを深めていきたいと思います。
 さて、今日は子どもたちが楽しみにしている体躯教室がありました。大繩を使い楽しく体を動かしていました。最初は縄をくぐったり、縄を踏まないように走ったりして大繩に慣れ、その後は一人10回ずつ跳んでみることに挑戦!まわる縄をよーく見ながらタイミングを合わせて跳ぶ姿がありました。なかなか思うように跳べなかったり、たくさん引っかかって転んでしまったりしましたが、諦めずに挑戦する姿、転んでも立ち上がり頑張って跳ぶ姿にさすが年長さんだなぁと感じました。これからも諦めない心を大切に頑張って練習していこうね!!
 年中すみれ組では、色のついたシャボン玉を大きい模造紙に吹き付けシャボン玉アート、すずらん組では、泥だんごに色付ける工程を行っていました。それぞれのクラスで4月から継続している活動なので子どもたちも楽しそうでした。泥だんごの色塗りは今まで大切に大切に作ってきたものだったこともあり、丁寧に塗る姿があり、塗り終わった泥だんごを見て子どもたちも達成感を感じ表情もニコニコ嬉しそうでした!(^^)!
 今週も暑い日がたくさんあり子どもたちも疲れていると思います。土日とゆっくり休んでまた来週元気に登園してくださいね!!
くぐってくぐって~
がんばれ!
上手上手!
キレイな色のシャボン玉だね!
しゃぼん玉でも絵が描けるね
慎重に。丁寧に。
色を出すのもおてのもの!
色水でお絵描きできた!

泥んこDAY♪

2022-06-02
 今日は朝から太陽も顔を出し、良い天気!!と言う事今年度初めての泥んこDAY!!
 みんなで泥遊び用の洋服に着替えて、いざスタートです。
 慎重に…1歩ずつ…泥の中に入って感触を確かめる子や洋服を汚すことに抵抗がある子もいれば、楽しさが分かっていて一目散に駆け出していく子もいたりと姿は様々でしたが、子どもたちの楽しそうな声が園中に響き合っていましたよ!始めはどう遊んだらいいのだろうと少し戸惑っていたつぼみ・年少さんも、年中・年長のお兄さんお姉さんの遊び方に刺激を受けて真似してみたり、”少しでも楽しめるように”と用意した花びらが入ったたらいで水を触って遊んでみたりと、一人ひとりのペースで「楽しい」を見つけられたのではないかと思います。
 また、年中・年長さんの中でも去年までは泣いて嫌がっていたのに…という子が笑顔でのびのびと楽しむ姿もありました。話を聞いてみると「だって泥だんご沢山作ったもん♪」と話をしており、4月の頃から泥に少しずつ触れていたことで抵抗がなくなったようです。様々な経験を重ねていく中で、成長をしていくのだと改めて感じました(^^)
 沢山遊んだ泥んこの服は、ざっと洗って持ち帰ります。各ご家庭でお洗濯を宜しくお願い致します!   
水が気持ちいいね!
お姉さんたちの姿をみて…
笑顔がキラキラ輝いていますね♡
足だけ入れてみようかな…(^^)
足にぬりぬり♪
大胆にごろーー-ん
「砂妖怪だぞ~~~」
綺麗に出来たよ!!!
お友だちと一緒に♪
皆でやると楽しいね!!

交通安全教室がありました。

2022-06-01

 今日は、少し涼しく遊びやすい気候になりました。そろそろ梅雨で雨の降る日が何日も続く日が近づいています。その前に外でたくさん遊び元気よく身体を動かしたいと思います!

 

 さて、今日は交通安全教室がありました。交通安全指導センターの方に幼稚園に来る時や帰る時、お家から出て道路を歩くとき、車に乗っているときの大事なお話をクイズをしながらお話していただきました。道路を歩くとき、お家の人と手を放して歩いていないかな?駐車場や車が止まっているところで遊んでいないかな?車に乗ったらシートベルトを使わないで立っていないかな?と二つの絵を見てどちらが正しいのかなと真剣に悩み手を挙げている姿がありました。又、『死角』運転している人から見えないところのお話もして頂きました。車の近くにいたり遊んでいると運転している人から見えないので危険だということも学びました。横断歩道を渡り方も教えていただきました。信号が青になったらすぐに歩きだしていいのかな?信号が青になってもすぐ歩き出すのではなく右手をまっすぐ伸ばしてあげて右を見る、左を見る、もう一度右を見て車が来ていなかったら渡る。見るときは顔だけではなくおへそも向けて確認をする。信号の色を確認しながらしっかり練習することが出来ました。

 

 お話を聞いた後は、園庭に出て実際に教えてもらった事を思い出しながら横断歩道を歩きました。つぼみさん、年少さんは初めてでしたが手をしっかり挙げて渡ることが出来ました。さすが年中さんと年長さん自分の目で車は来ないかな、信号は何色かなと確認しながら歩くことが出来ました。

 

『外に出たらお家の人と手をつなぐ』『車に乗ったらシートベルトをつける』2つの大事なことを交通安全指導センターの方と約束をして忘れないように頭にギュッと入れました。お家でもお子さんと一緒に今日のお話や道路や駐車場の歩き方を確認してみてくださいね。

みんなには大切な命があるんだよ
手遊びをして車を知ろう!
どっちが正しいかな
考えて手をあげます
手をあげて、右を見て
左を見て
手をあげて渡れるね!
信号をよく見て…
車は来ないかな?
一人で渡ることが出来ました

野菜のお世話♡

2022-05-31
 
 年長さんは、今年初めて須坂分教室さんへ行ってきました。須坂分教室の方々が作って下さった畝にサツマイモの苗を植えました。今日は朝に少し雨が降ったこともあり昨日とは一転涼しく、土の状態もとても良く畑仕事を行うには最適な日でした(*^-^*)お兄さんお姉さんの説明をよく聞きながら、1人1~2本を自分の手で植えてきました。
 去年・今年と自分達で様々な野菜を育ててきたこともあり興味を持ち積極的に行う子どもたち。お兄さん方からも「上手だね~手際がいいな~」と褒めて頂きました!これから秋まで須坂分教室さんの手もお借りしながら、年長さんも頻繁にまでとはいきませんが時々畑に行ってお世話をしていこうと思います。大きくて美味しいお芋にするには、どんなことをしていくのかな?と、そんなことも学びながら、サツマイモを育てていけるといいですね♪

 年中さんも新たに、ほうれん草の種植えをしてきました!種が小さいことに気が付き、なくならないようにとそーっと植えてあげる姿がありました。どの学年も毎日交代で水やりをしたり、地道に草取りをしながら大切に各野菜を育てています。太陽・水のパワーと皆の愛情でぐんぐん育って、美味しく食べられるといいね…☆

サツマイモの苗ってどんな感じ??
植え方を教わりました!
手元を見ながら真剣に取り組んでいます。
最後は力を込めてぎゅっと押します。
須坂分教室さんが育てている様々な野菜を見せて下さいました(^^)
大きくなりますように!
なくならないようにそーっと!
大豆がこんなに大きくなりました!!一生懸命草取り!

草花あそび☆楽しめたかな?

2022-05-30
 今日は一日お天気で、とっても暑い一日となりましたね…(^^;子どもたちは元気いっぱいでしたが、時々日陰にかくれて『ちょっと休憩 ~』と水筒のお茶を飲んだり、園庭に出されたミストシャワーの近くに行って水に触れてみたりと、自分達でも涼しく過ごそうとする姿も見られました。

 さて、本日はぽかぽか広場の日!年長さんがこのところ楽しんでいる≪草花あそび≫を小さいお友だちにも体験してもらいたい!と、お砂場にコーナーを設けました。そのコーナーで遊び方を教えてくれたのは年長さんのお兄さん・お姉さんです♪自分たちが経験してきて発見したことを『こうすると色が出てくるんだよ』『これ使ってみるといいよ!』『何色が作りたい?それじゃ、このお花がいいよ!』と優しく楽しそうに教えてくれていました。そんな姿を見て、ぽかぽか広場の小さいお友だちも興味を持って真似してやってみては楽しんでくれていましたよ♪『うちでも草花遊びやってみようかな…』というお家の方の声もありました!子どもたちの興味から広がった遊びが、こうして広まっていくのは何だか嬉しいですね♪今後も様々な遊びを、幼稚園の子どもたちと楽しむのはもちろん、ぽかぽか広場の小さいお友だちにも楽しさを共有する場を作っていけたらと思います☆次回も楽しみにしていてくださいね♪
本日も沢山のお友だちが遊びにきてくれました。
花びらがいっぱい!ジュースを作るよ♪
こちらはお料理中かな…?
お兄さんと一緒に楽しそうです♪
花びらきれいだな~♪
『こうするともっとキレイだよ!』
お庭ではシャボン玉コーナーも…。
お水が出てる!気持ちいいな♪
年中さんはまだまだ泥だんご作りが人気です!
みんなで体操!

学校法人双葉学園
認定こども園
須坂双葉幼稚園

長野県須坂市墨坂4丁目7-4
TEL.026-245-2753
FAX.026-245-2763
──────────────
3・4・5歳児への学校教育法に基づいた幼児教育を目的とする。
──────────────
最寄駅:長野電鉄 須坂駅

友だち追加 ぽかぽか広場公式LINE
2
0
1
2
3
1
TOPへ戻る